自律神経失調症の治療方法を知る!ライフリペア

女性

下肢の病気を治療

女性

下肢静脈瘤とは、ふくらはぎに主に症状が出る病気です。初期は痛みも感じないため、発見が遅れたり重症化する場合もあります。下肢静脈瘤の多くは、女性にみられる病気です。体には動脈と静脈があり、それぞれの働きは異なります。動脈は心臓から送り出された血液を体の末端まで流す働きをしています。それに対して静脈は、動脈によって臓器に運ばれた血液を心臓へと送り返す役割をしています。人間は立って生活することが多いため、血液は重力によって足のほうへと流れますが、そこから心臓に向かって上へ流れる必要があります。静脈には動脈にはない弁があり、この弁の働きによって体内を正しく血液が循環しているのです。下肢静脈瘤は静脈弁の不具合で起こる病気です。

下肢静脈瘤は静脈弁が正常に働かないことで起こりますが、これは日々の積み重ねで少しずつ血管が曲がりくねって発症します。見た目では血管が太くなっていることが見てわかります。治療方法は症状の度合いにもよりますが、軽いものであれば手術や薬を用いることなく完治することができます。しかし重症化している場合は手術が必要となる場合もあります。手術となれば名医に執刀をお願いしたいと考える人も多く、全国の専門医の中から希望に合った名医を紹介してくれる機関もあります。名医の判断基準としては、全身麻酔や腰椎麻酔などの必要性やリスクをしっかりと考えている病院であるかがポイントとなります。メリットとデメリットやリスクの説明を、患者に正確に伝える名医がいる病院であるかどうかを見極める必要があります。