自律神経失調症の治療方法を知る!ライフリペア

女性

ホルモンの減少が原因

カウンセリング中

女性だけではありません

更年期障害に悩みを持つ人というと、女性が多いと言われています。その理由としては、女性の場合は閉経により女性ホルモンの急激な変化が見られることが考えられます。そのため、女性の更年期障害に関する情報はたくさんありますし、症状を緩和するためのアドバイスも受けることが出来ます。しかし、最近では男性にも更年期障害があるということは少しずつ知られるようになりました。これまで一般的ではなかったため、男性の更年期障害は、うつ病などと間違われてしまうこともあります。今後は、男性でも更年期障害があるということが広く知られるようになることが求められますし、それに関する情報についても簡単に見つけることが出来るようになる必要があります。

発症の原因とは

男性が更年期障害になる原因としては、女性と同様、性ホルモンの影響によるものです。男性ホルモンのテストステロンが急激に減少してしまうと、更年期障害が発症するのです。誰しもがなる可能性がありますが、誰がなるかを知ることは出来ません。調べる方法としては、ホルモン値を調べることで診断を受けることが出来ます。男性の更年期障害の症状としては、うつ症状があります。気分の落ち込み、不眠症などが見られることもあり、症状が悪化すると完治まで時間がかかります。男性ホルモンのテストステロンが減ることにより、性欲も低下してしまうため、性格がおとなしく、穏やかになることもあります。発症率を下げるためには、ストレスを軽減することが大切です。